フットサルの足技が上達したい!上手くなるにはこのDVD

社会人でフットサルをやっているけど上達できない。。。
生徒・子供に上手く指導できない。。。
サッカー経験者だけど試合で勝てなくて悔しい。。。
と悩んでいる方は必見です。

 

日本初プロフットサルチーム下部組織
『名古屋オーシャンズフットサルスクール』コーチの
 大島裕樹が監修したフットサル上達法を公開!

 

 

 ◇キック
 ◇ドリブル
 ◇トラップ
 ◇ステップワーク
 ◇シュート
 ◇パス
 ◇試合に使えるパスの受け方

音にご注意ください↓

 


短期集中フットサル上達法≪≪≪詳しくはこちらの特集ページで

フットサル日本代表の歴史と歩み

フットサル日本代表の歴史は、1989年がその歩みの始まりで、FIFAフットサル選手権大会に招待されたのがきっかけです。当時、本田技研の選手を中心に代表チームは構成され、世界のチームとプレーをしましたが、結果は奮闘したものの、3戦行い、全てが敗戦でのスタートとなりました。次の日本代表の試合は1992年に行われ、その際は本田技研ではなく、日立製作所の選手を中心として構成されました。

 

少しずつ結果が出始めたきっかけは、1999年に行われた第1回AFCフットサル選手権です。ここでは日本はグループステージは突破し、3位決定戦でカザフスタンと対戦し、敗戦。結果的に4位で終わる形となりましたが、大きな前進となりました。この際のキャプテンは、元サーカーの日本代表選手、ラモス瑠偉で、その実力を発揮しました。その後、当時のサッカー日本代表チームの監督であったジーコの紹介で、元ブラジルのフットサル代表選手、セルジオ・サッポ氏を監督として招き、さらに日本代表は前進していきます。

 

定期的に行われるAFCフットサル選手権で、日本は2002年から4年連続で決勝まで進むも優勝できずにいましたが、2006年についに優勝しました。2009年にはスペインのミゲル・ロドリゴ氏を監督に改めて招き、2012年に、AFCフットサル選手権で優勝、FIFAフットサルワールドカップへの出場権利を得ました。元サッカー日本代表選手の三浦知良選手もチームの選手として加わり、決勝トーナメントへの進出を果たし、1回戦での敗退となっています。2014年の5月には、AFCフットサル選手権ベトナム大会が開催され、日本は優勝、初の大会連覇を果たしました。

派遣看護師が就業できないケース

労働基準法や派遣に関する法律などは常に変動しているので、その時は全く法律に背かないようなことでも時間が経って法律が見直さることによって同じことでも法律違反になることがありますが、常に法律は変わっているのでインターネットの情報などを参考に調べる場合は注意が必要です。

 

また、派遣看護師として働く場合もいろいろ制約が用意されているので注意する必要がありますが、昔は派遣として働くことができなかったのに法律が改正されたことによって働くことができるようになり、一年契約から三年契約まで期間が延びるようになりました。
参考⇒ 看護師派遣.jp.net

 

ちなみに基本は派遣看護師として働くことは禁止事項になっているのですが、所定の条件をクリアすることによって働くことができるようになっており、特に紹介予定や病院、産前産後などでの派遣については法律に抵触することなく仕事することができるようになっています。

 

また、派遣看護師として就業することができない可能性があるのでその点にも注意をした上で仕事をする必要がありますが、正規雇用者と違って解雇という形では無く契約打ち切るという形になるので会社側が不要だと思った場合に打ち切られてしまうリスクもあります。

 

いずれにしても派遣として仕事をする場合は仕事に安定性が無いということを意識して仕事をしなければなりませんが、就業パターンの中には働き方によっては正社員にステップアップできるような働き方もあるので正規雇用を目指すこともできます。

看護師の代替業務

看護師は離職率や転職率が高いと言われていますが、離職率や転職率が高いのは仕事がハードであることが関係しており、精神的や肉体的な負担が大きいことや仕事そのものがたくさんあって転職に困らないというのも理由としてあります。
しかし、看護師という仕事を考えると患者が怪我をした場合や病気をした場合にサポートをするという重要な役割があるので、それを考えると離職してしまった場合の穴埋めは重要なポイントになってきます。
派遣看護師として働く場合は派遣会社に登録をして医療機関などから要請があった場合に働くような仕組みになっていますが、その際に看護師の代替業務として要請されることがあります。
これは看護師の数が足りなくなったという理由から派遣で要請されるというものですが、この方法だと法律にも全く抵触しないので人材を確保しなければならない側も働く側もメリットが高くなっています。
代替の理由にはいろいろありますが、働いていた人が病気や怪我をして一時的に離脱するところに対して派遣看護師として派遣される場合については一時的な就業になることが想定されます。
一方で急に離職や転職をしてしまったという理由で人員が確保できなくなった場合に派遣されるケースだと働き方次第では正社員に昇格することもあります。
どちらの働き方も一長一短がありますが、それぞれの長所や短所を理解して就業スタイルを考えていくことが必要です。

派遣看護師として働くことができる期間

労働者が派遣として働く場合は派遣法と呼ばれるルールに沿って仕事をする必要がありますが、働く先については柔軟に選んで仕事ができるようになっている一方で、期間についてはあらかじめ決められています。
基本的に一年を超えて三年以内で派遣の期間を設定するような場合は派遣先の医療機関の労働者の過半数をその代表となっている人との話しによって変わってくるという点に留意が必要です。
派遣看護師として働く場合も働くことができる期間にはさまざまな制約を受けることになるのであらかじめ確認しておく必要がありますが、同一業務の場合に派遣看護師としての期間が終わった後について就業を継続させているような状態が発覚すると雇っている側は罰せられることになります。
もちろん、事前にきちんと更新などの手続きをしておくことによってこうした問題のトラブルは回避することができますが、正社員にステップアップすることができるようなタイプの働き方もあります。
また、派遣看護師で働く場合は給料が高いものの社会保険などについて不安を覚えているような人もいるかもしれませんが、一定の就業時間や給料を超えてくると加入させてくれるところがほとんどです。
退職金や賞与などの福利厚生が用意されているところもあるので、給料の面だけで見るのではなくどれくらい働くことができるのかということや用意されている福利厚生などをチェックして最終的に選んでいくとよいでしょう。

スポットで働きたい場合

派遣看護師として働くことのメリットとしてスポットで働くことができるという点がありますが、これは一日という単位での就業のことを言い、スポットで働く場合の時間については3時間くらいの短い時間から9時間程度の長い時間まであります。
人手が足りなくなったという理由などからスポットの派遣看護師として働く場合が多くなっていますが、誰でも仕事をすることができるようになっているのではなく、どこで働いても問題がないようにスキルや経験値は高い人が多くなっています。
スポットで派遣看護師として働くメリットになってくるのはいつでも自分が空いた時間に働くことができるという点ですが、なおかつ働くことによって得ることができる賃金についてもアルバイトやパートに比べると高く設定されている場合が多くなっています。
これは雇う側がちょっと人手の欲しい時などに短期アルバイトとして雇うと求人にかかる費用が必要になることに加えて、明日にでも人材が欲しい場合だと求人を出しても間に合わないことが想定されますが、これが派遣看護師だと心配する必要がないメリットがあります。
スポットで働きたい場合は派遣会社に登録する必要がありますが、安定して仕事が来るとも限らないので短期アルバイトで探すのも方法としてあります。
就業の条件なども働き方によって異なっているので、まずはどのような条件になっているか調べることが働くことを考える上で重要なポイントになります。