派遣看護師の特別養護老人ホームでの業務

特別養護老人ホームは高齢者が入居するための介護施設ですが、介護保険が適用される施設であり体や精神などに著しい障害などが見られ、介護度レベルが高い人が利用することができる施設になっているため、デイサービスのように空いた時間を活用して利用する老人施設とは異なっています。

 

また、要介護度が高い人が多くいるので体調が悪化することや怪我をすることによって緊急を要するようなケースも少なくありませんが、その場合に対応するのが働いている看護師になるので看護師の役割は非常に高いと言えるでしょう。

 

もちろん、常に緊急を要しているわけではないので手が空いている時は同じ職場で働いている介護スタッフと同じ仕事をする場合が多くなっていますが、介護施設については派遣での就業も可能になっているため派遣として働くこともできるようになっています。

 

ちなみに特別養護老人で働く場合は入居している人が寝泊まりをするため、当然ながら夜勤勤務必要となってきますが、派遣看護師として働く場合についても夜勤での勤務が必要になっていることがあります。

 

派遣看護師として働くことのメリットにはいろいろありますが、やはり時間当たりの給料が高いのはメリットの部分であり、短い時間で多くの収入を得たい人からすると特に派遣看護師としての就業メリットは高くなっています。

 

ただし、仕事に安定性が無いなどのデメリット要素もあるので働く場合はその点に気をつけて仕事を検討するようにしましょう。